ここから本文

AnyWireASLINK system

AnyWireASLINKの基本が分かる「スタートアップガイド」やスレーブユニットの選定をシミュレーションできるソフトウェアがございます。
ご利用の場合はダウンロードページよりダウンロードしてください。

ターミナル側の接続について

AnyWireASLINKのターミナルの接続には大きく分けて二種類の方式があります。
ひとつは「2線式(非絶縁)タイプ」で、もうひとつは「4線式(絶縁)タイプ」です。AnyWireASLINKの基本構成は2線式(非絶縁)タイプでの接続が想定されており、この2本の電線には伝送信号だけではなくターミナルや負荷側の機器を動作させるための電源も重畳されています。
4線式(絶縁)タイプは負荷側の電流容量が2線式(非絶縁)タイプの供給電流では足りない時に使用するターミナルで、マスタ側からの給電、ローカル側での給電どちらにも対応しています。
また、AnyWireASLINKとは別系統の電源が使用されている外部負荷と接続する場合は、必ず4線式(絶縁)タイプのターミナルをお使いください。

2線式(非絶縁)タイプ

2線式(非絶縁)タイプ

4線式(絶縁)タイプ

4線式(絶縁)タイプ

伝送線供給電流値

伝送線の長さ 伝送線(DP/DN)の線径
1.25mm2 0.75mm2 0.5mm2
総延長50m以下 MAX 2A MAX 1.2A MAX 0.8A
総延長50~100m MAX 1A MAX 0.6A MAX 0.4A
総延長100~200m MAX 0.5A MAX 0.3A MAX 0.2A
  1. 総延長にはケーブル付ターミナルのケーブル部分も含みます。
  2. ケーブル付ターミナルのケーブル部分の電線径は条件に含みません。
  3. 左記最大電流値はターミナルの動作電流と負荷側の電流を合算したものです。
  4. 最大電流値を上回る消費電流が必要な場合はローカル給電が可能な4線式ターミナルをお使いください。
  5. 2線式と4線式が混在する場合、2線式部分の負荷側の電流と、2線式と4線式すべてのターミナルの動作電流を合算した電流値が左記最大電流値内に収まっていれば問題ありません。

2線式(非絶縁)・4線式(絶縁)タイプの特長

2線式(非絶縁)タイプ 4線式(絶縁)タイプ
  • 配線数が減る
  • 電源はマスタ側への供給のみで使用できる
  • センサ、LED等閉回路の負荷に使用できる
  • ローカルへの電源は、最大2Aまで伝送線で供給
  • 消費電流の多い負荷が使用できる
  • AnyWireASLINK以外の電源とコモンが取れる

ターミナル(スレーブ機器)種別毎の接続方式区分一覧

種類 ASLINKER[アズリンカ] ASLINKTERMINAL
[アズリンクターミナル]
ASLINKAMP[アズリンクアンプ] ASLINKSENSOR
[アズリンクセンサ]
ケーブルタイプ M12コネクタタイプ ファイバ アナログ入力
ユニット
2線式(非絶縁)タイプ ※1 × ※2
4線式(絶縁)タイプ ※1 × ※2 × ×

※1 IP67構造のASLINKER(アズリンカ)も含みます。

※2 7セグ表示なしは2線式(非絶縁)タイプで、7セグ表示付は4線式(絶縁)タイプです。

▲ ページTOPへ