ここから本文

AnyWireASLINK system

AnyWireASLINKの基本が分かる「スタートアップガイド」やスレーブユニットの選定をシミュレーションできるソフトウェアがございます。
ご利用の場合はダウンロードページよりダウンロードしてください。

2線式タイプのみで構成されたシステム
(ローカル給電が不要な場合)

2線式タイプのみで構成されたシステム<br>(ローカル給電が不要な場合)

2線式タイプ、4線式タイプが混在したシステム
(ローカル給電が必要な場合)

2線式タイプ、4線式タイプが混在したシステム<br>(ローカル給電が必要な場合)

耐環境エリアのシステム

耐環境エリアのシステム

システム構成

  • MELSEC iQ-R、L、Q、iQ-F用マスタインターフェースがあり、インテリジェントユニットとして動作します。
    また、MELSEC-F 用にもマスタブロックがあり特殊増設ブロックとして動作します。
    その他にCC-Link用ブリッジ、CC-Link IE Field用ブリッジがあります。
  • オープンフィールドバス用マスタユニットとして、DeviceNet 用ゲートウェイ、PROFIBUS 用ゲートウェイがあり、
    Ethernet 系の複数のプロトコルに対応したEthernet用ゲートウェイもあります。
  • PCバス用マスタユニットとして、PCI Express用マスタインターフェースもあります。
  • ASLINKMASTERは、弊社の「DB A40/A20シリーズ」「Bittyシリーズ」と接続互換性はありません。
  • ASLINKMASTERから敷設した伝送ラインの最遠端に、ターミネータ(波形整形モジュール)を接続します。
  • ターミナルのアドレス設定、センサ感度の初期設定はアドレスライタにて行います。
    (センサ感度設定はアドレスライタからも、上位コントローラからも可能です。)
  • AnyWireASLINKの給電容量を拡張したい場合は、ローカル給電が可能な「4線式(絶縁)タイプ」のターミナルを使用します。

専用フラットケーブルの線色とコネクタピン番号

専用フラットケーブルの線色とコネクタピン番号

▲ ページTOPへ