ここから本文

AnyWireASLINK system

AnyWireASLINKの基本が分かる「スタートアップガイド」やスレーブユニットの選定をシミュレーションできるソフトウェアがございます。
ご利用の場合はダウンロードページよりダウンロードしてください。

一般仕様

※記載内容は代表的な一般仕様です。製品によっては一部例外もありますので、詳細は取扱説明書をご確認ください。

使用周囲温度 0 ~ 55℃
保存周囲温度 -25 ~ 75℃
使用周囲湿度 10 ~ 90%RH、結露なきこと
保存周囲湿度
使用雰囲気 腐食性ガスがないこと
使用標高※1 0~2000m
汚染度※2 2以下
※1
AnyWireASLINK機器を標高0mの大気圧以上に加圧した環境で使用、または保存しないでください。誤動作の原因となります。
※2
その機器が使用される環境における、導電性物質の発生度合を示す指標です。汚染度2 は、非導電性の汚染しか発生しません。
ただし、偶発的な凝結によって一時的な導電が起こりうる環境です。

性能仕様

伝送クロック 27kHz(37μs)
伝送距離/ 供給電流 線径 伝送距離 DP-DN 許容供給電流
1.25mm2 50m以内 2A以内
50mを超え100m以内 1A以内
100mを超え200m以内 0.5A以内
0.75mm2 50m以内 1.2A以内
50mを超え100m以内 0.6A以内
100mを超え200m以内 0.3A以内
0.5mm2 50m以内 0.8A以内
50mを超え100m以内 0.4A以内
100mを超え200m以内 0.2A以内
接続台数 最大128台(各スレーブユニットの消費電流により変動)
伝送方式 DC 電源重畳トータルフレーム・サイクリック方式
接続形態 T分岐方式、マルチドロップ方式、スター配線方式、ツリー配線方式
伝送プロトコル AnyWireASLINK プロトコル
誤り制御 2重照合、チェックサム
接続I/O 点数 最大512 点(入力256 点/ 出力256 点)
但し FX3U-128ASL-M は最大128点(入力+出力≦128点)(入力+出力≧128点の場合は入力点数を優先)
RAS機能 伝送線断線検知機能、伝送線短絡検知機能、伝送回路駆動用電源低下検知機能
ID(アドレス)重複/未設定検知機能
使用電線
  • 汎用2線/4線ケーブル(VCTF、VCT 0.75 ~ 1.25mm2、定格温度70℃)
  • 汎用電線(0.75 ~ 1.25mm2、定格温度70℃)
  • 専用フラットケーブル(0.75mm2 / 1.25mm2、定格温度90℃)

伝送サイクルタイム

伝送I/O 点数設定 64点
(入力32点、出力32点)
128点
(入力64点、出力64点)
256点
(入力128点、出力128点)
512点
(入力256点、出力256点)
1 伝送サイクルタイム 2.3ms 3.5ms 5.9ms 10.6ms
伝送サイクルタイムは、マスタユニットと全スレーブユニットの入出力データを更新する時間になります。
実際には2 重照合機能の影響で、伝送サイクルタイムの2 倍の「伝送遅れ時間」が発生します。

伝送上の注意事項

伝送ラインが4芯(DP、DN、24V、0Vが併走している状態)で、その長さが50mを超える場合は、「ASLINKフィルタ〔型式 ANF-01〕」を4芯の併走状態が始まる位置(一般的な接続状態ではマスタユニット直下)の24V、0Vに直列接続してください。(最大許容電流 5A/DC24V)
 → 耐ノイズ性の向上、ならびに伝送信号によるクロストークの影響を抑え、信号の安定化を図ります。
 → マスタ用電源から一括供給する場合、ローカル電源から供給する場合いずれも挿入対象となります。
 → CE規格に準拠する場合は、敷設方法、距離に係わらず「ASLINKフィルタ〔型式 ANF-01〕」を挿入してください。

※マスタユニット=ASLINKMASTER、スレーブユニット=各種ターミナル(ASLINKER、ASLINKTERMINAL、ASLINKAMP、ASLINKSENSOR)

▲ ページTOPへ