ここから本文

ポカよけ省配線システム

このページは、ポカよけ省配線システムをご紹介するページです。
それ以外の製品は、こちらをご覧ください。

ポカよけターミナルとは

組立て/生産現場での「ピッキング」

部品の組立てを行う生産現場では、指示に応じて部品を在庫から選び出す「ピッキング」作業が行われています。部品の種類が増えるにつれ、似たような形状や近い部品名のものを間違ってピッキングしてしまうリスクも増え、生産現場での大きな課題となっています。

「ポカよけ」は世界共通語

ピッキング作業におけるヒューマンエラーの抑制は、生産効率や製品品質の向上・改善には欠かすことのできない要素です。そういった人為的なうっかりミス(ポカ)を避ける仕組みや装置などのことを「ポカよけ」と言いますが、現在では海外の生産現場でも「POKA-YOKE」という日本語由来の用語が通用するケースもあるほどで、この課題の重要度を表していると言えます。

エニイワイヤの「ポカよけターミナル」

エニイワイヤのポカよけターミナルで構成された「ポカよけシステム」は、この課題にシンプル、且つローコストに解決を示す事が出来ます。リストを片手に部品を探し回る必要もなく、部品間違いや数量間違いも起こりません。
さらに、エニイワイヤ独自の省配線技術をつぎ込んだこれらのポカよけターミナルは、設置の自由度、配線作業のしやすさ、変更や改造の際の柔軟性など多くのアドバンテージを兼ね備えており、導入時のハードルを低く抑える事が出来ます。

◇部品の場所をLEDランプが教えてくれるので、暗い倉庫でも一目瞭然です。
◇取り出すべき部品の箇所だけ扉が開くので、部品間違いが起こりません。
◇7セグ表示で部品の数量を明確に指示するので、数量間違いが起こりません。

Before & After

[Before]従来の方式:自動車組み立て現場で!電子機器組み立て現場で! ポカよけシステムを導入すると… [After]ポカよけターミナル方式リスト・指示書を読む時間と手間が必要
現物がどこにあるかわからない
片手作業になる
組み付け時間がかかる
間違った部品付けが発生
リスト・指示書を読まなくていい
現物がどこにあるかすぐわかる
両手で作業できる
組み付け時間が短くなる
正確な部品取付けで品質向上

▲ ページTOPへ