ここから本文

AnyWireASLINK system

このページは、AnyWireASLINKをご紹介するページです。
それ以外の製品は、こちらをご覧ください。

AnyWireASLINK のコンセプト

Anywire は常に「現場目線のものづくり」にこだわり続け、これまで様々なご提案を発信してきました。
AnyWireASLINK(エニイワイヤアズリンク)はこれまでのAnyWire 省配線システムの優位性や特徴を全て継承した上で、様々な付加価値をプラスした画期的な省配線システムです。

いままでの省配線の特徴とメリット これら「省配線」の特徴に+新たな付加価値をプラス さらなる小型化 センシングレベルの監視 接続センサケーブルの断線検知 上位コントローラからの感度やしきい値などの設定 すべてがひとつになった全く新しい省配線システム それが、「診化系省配線」

デジタルリンクセンサ AnyWireaslink エニイワイヤアズリンク

進化と診化のポイント

革診的省配線

「さらなる小型化」
ここまできたI/O ターミナルの小型化

1点、2点からの分散が可能な指先サイズの小型I/Oターミナルや、従来タイプと比較して体積比約1/3 のコンパクトサイズを実現した端子台タイプの8 点ターミナルなど、さらなる小型化でBOX レス化を推進します。

BOXレス

「接続センサケーブルの断線検知」
センサの未検知?断線?がすぐに分かる

従来のI/O ターミナルでは、センサが未検知状態なのかセンサそのものの故障(センサケーブルの断線)なのか、現物を確認する必要がありましたが、この機能の搭載により上位コントローラからの遠隔監視が可能になり、断線したセンサの特定も簡単になりました。

断線探知

センサの診える化

「センシングレベルの監視」
ON/OFFだけではなく、実測値が診える

ON/OFF 動作の光電センサなどでは、余裕のあるONなのか、ギリギリのON なのか、実際にはわかりません。
実測値の診えるASLINKSENSOR では、その状態が上位から監視できるので、センサの状態を把握できます。
ASLINKMONITOR を使用すれば現場での実測値の確認も可能です。

状態監視

「上位コントローラからの感度やしきい値などの設定」
感度設定の一括変更や、しきい値の微調整が可能

センサの感度設定やしきい値などの調整はひとつずつ現場で作業するのが当たり前でしたが、ASLINKSENSOR では全てのセンサの一括設定変更が上位から操作可能です。設定値の保存もできるので、段取り替え時などのダウンタイムを最小限に抑えられます。また、しきい値の調整でちょこ停を未然に防止でき、メンテナンス時期をコントロールすることが可能です。

予防保全

▲ ページTOPへ